2018年4月に飲んだ日本酒

4月の備忘録行きます。

 

笑四季 エレメンツオブライフ Episodeイチゴの花 純米大吟醸 生★★
甘い立ち香が結構香る。やはり甘みは濃い。酸もそこそこだが滑らか。甘酸濃醇。好き。
 
 花巴 水酛×水酛★★
貴醸酒のやり方で水もとをベースにして水もとを造るという変態酒。甘い乳酸の立ち香。うわー、これは甘い!わかりやすいくらい予想通りの味わい。
 
米鶴 純米吟醸 超搾りたて 生★★
出羽の里55%精米。軽くフルーティな立ち香。甘みやや強めでフレッシュ。ガス。エキス感もあり旨みはしっかり。軽い苦味でキレ。ジューシー&フルーティ系で非常に出来が良い。
 
月不見の池 純米 無濾過生 直汲み中取り★★
うすにごり。強めのガス。含みはフルーティーでややドライ。不思議な軽さがあるがバランスは良い。キャッチーでわかりやすいが軽さゆえか飲み飽きない魅力がある。
 
白老 特別純米酒若水 season1<冬>槽場直汲無濾過生原酒★★
赤坂の酒屋 鈴木三河屋のPBというかコラボ商品なのかな。立ち香はない。甘みそこそこで酸しっかり。旨みは軽めできれいに抜ける。これうまいなあ。特徴的なのは強めの酸ですな。
 
ふた穂 雄町 山廃純米吟醸 無濾過原酒 2016BY★★
立ち香はほぼない。軽めの飲み口からぐぐっと濃醇な旨みが押し寄せる。そのまま甘みと雄町らしい豊潤さを保ちながら長い余韻に。山廃らしい酸もあり。これは燗かな。
 
風の森 ALPHA TYPE5★★
燗推奨の風の森。秋津穂、火入れの無濾過原酒。栓がポンっと超元気に抜ける。とりあえず冷酒。立ち香は弱く、ややアルコール感があるか。まずはガス、ほどほどの軽い甘みから複雑さを内包した旨みに。不思議な余韻。古酒を仕込水に一部配合ということなので、そのあたりの影響だろうか。なかなか面白い。蔵元推奨の35度はどうか。大きく印象は変わらないが、全体的に柔らかくなったかな。もう10度ほど温度を上げると酸が前に出てきて面白い。冷酒も燗も終始軽くてミネラリーなのは風の森らしさというべきか。
 
駿 純米酒★★
全く聞いたことのない福岡の酒。立ち香はほぼない。ほんのりイソアミル?甘み控えめでドライ系、ただフルーティーさもあり。旨みはきれい。酸は表にこない。骨格しっかりややミネラルも。いいなこれ。若干エキスあるがこれはこれで悪くない。
 
黒松仙醸 こんな夜に… 山椒魚★★
信頼のこんな夜にシリーズ。濁り。立ち香ない。ガスたっぷりで好きな感じ。甘み控えめ、ドライ系。やや粉っぽいがかっちりしてる。旨みのエンベロープが短く余韻長め。
 
香露 本醸造★★☆
香りなし。軽く柔らかいアタック。ふんわりした甘み。熟成感を伴う優しくカラメルのような旨み。アル添らしく軽くてすっとキレる。嫌味なアル添感は全くなし。軽いのでスイスイ行っちゃう。50度の燗。ぐぐっと甘みと旨みが増す。やや後口もたつくか。燗冷ましはバランス良い。ただ冷酒のほうがベターかな。またひとつ好きなアル添が増えた。

篠峯 八反錦 純米吟醸 無濾過 生酒 中取り★★
立ち香はない。含むとガス。ドライで旨みのエキスは控えめ。ミネラルあり骨格しっかり。期待を裏切らない篠峯らしさだが、八反錦である分、さらにいつもよりシャープかも。やっぱり好きです。
 
黒澤 生酛 純米大吟醸 金紋錦 2016★★
某ブログで絶賛されてたので乗っかってみました。28BYで1年ちょっとの蔵内低温熟成。酸の強い立ち香。含むとまず軽い酸味とそこそこの甘みが。そのまますぐに乳酸の旨みが広がる。最後にほんのり苦味が顔を出し、ややアル感とタニックさを伴って長めの余韻。なんだこれ。美味いか不味いかってより、飲んだことないタイプで面白い。常温だとやや雑味があるかな。冷酒推奨。二日目、開いてきた。いいね。ベースはクリアで酸が強いタイプだが甘みがしっかりあるので物足りなさはない。酸が凝縮感を演出して抜けが良く軽い。なんだろこれ、どう表現したらいいのか。あ、これ生酛なのか。よくある生酛らしくはねえなあ。やや熟っぽい味もかすかに。店では常温で置かれていたのでそのせいかな。
 
寒菊 特別純米 OCEAN99 凪 Spring★★
先月店で飲んで良かったので4合瓶でリピート。まずガス、ほどほどの柔らかい甘みから生の感じが少し、酸がジューシー。旨みもしっかりあるが収束が早い。ミネラルっぽい骨格も感じる。最後、ほんのり苦味でバシっとキレ。二日目のほうがマイルドで甘みがやや増していいかも。バランス良いね。他のスペックも試したい。
 
弥久 特別純米 無濾過生原酒 28BY★★
びきゅうと読む、若駒の蔵の地元向け?五百万石55%。やや熟成感ある立ち香。甘みもありそうな雰囲気。含むと甘みはそこそこに、芳醇な乳酸の旨みが。エキスもあるが旨みとしてしっかり機能している。でも終始辛みがあってドライでもあるのが面白い。生熟成の成功例か。アフターで苦味の余韻も。
 
わかむすめ 燕子花 純米吟醸無濾過原酒★★☆
非常に生産量の少ない蔵。西都の雫使用。立ち香はカプロンがそこそこ、甘みは上品で軽やか。でも旨みはしっかりしてる。キレもいい。決してベースが軽いわけではない。酸は普通なのでシャープというわけでもないが、なんか軽いんだよな。これ好きだわ。
 
五峰 生酛原酒 2014BY★★☆
大那の蔵。甘やかな立ち香。柔らかいアタックのこっくりした甘みから軽めの旨みに。後からきっちり酸がきて、ここは生酛らしく締める。基本軽めの酒だが、どこか熟成の生酛らしい芯の強さも感じる。絶妙なバランス。
 
旭鳳 純米 無濾過生原酒 香醸★★
昨年から注目している旭鳳。心地良いカプロン。甘みそこそこドライ系。旨みが上品で抜けがいい。凝縮感もある。酸が前に出てくるわけではないが、きっちり下支えしている。八反らしい硬質な軽さ。無濾過生にありがちな野暮でうるさい感じは皆無。
 
花垣 純米60★★
バニラリーな立ち香。柔らかめのアタック。落ち着いた甘みからやや濃醇でバランスのとれた旨みが。酸もまあまああるのでダレる感じはない。50度の燗、もともとあった丸みがぐっときて少し甘みが増す。いいねえ、これは燗向けですな。派手さはないが、じんわり来る良い酒。
 
黒澤 生酛 純米吟醸 2014BY★★☆
3年の常温熟成。蜂蜜のような乳酸と軽い熟成感のある立ち香。あー、これ好きなタイプ。火入れらしくベースは軽いが柔らかくしっかりした甘み、乳酸の旨み。重すぎないのでふわっとほどけてゆく。ぬる燗もすごくいい。基本的な構成は変わらないが、ふんわり感が増す。冷やし過ぎると味幅が狭くなってやや苦味が目立ってくる。常温~ぬる燗がベスト。とにかく今まで飲んだ黒澤の中では一番好み。
 
晃水 自然醸清開 特別純米 カップ★★
友人の日光土産。全く聞いたことない銘柄。立ち香は穏やか。含むと軽やかな甘み。ほどほどに濃厚な旨みと味幅があるが、キレがあるのでバランスがいい。常温だとやや甘さがもたつくようになるが、ぬる燗にすると問題なくなる。思いのほか優秀。
 
澤乃井 純米★★
スーパーで1000円。80%精米。バニラリーで甘やかな立ち香。含むとやや雑味は多いがまろやかな甘さは好印象。旨みもしっかりしてて値段考えたら充分なレベル。ぬる燗にすると雑味がほどよく調和する。
 
信州舞姫 純米吟醸★★
美山錦。常温、ややアル感ある立ち香。含むとまず柔らかな酸味が。その後上品な甘みとそこそこの旨み。旨みの幅が広いため洗練という感じではないが、酸と旨みのバランスがよく、好きなタイプ。50度の燗にするとキレが増して背筋が通る。これはこれでナイス。冷酒にするとせっかくの酸が引っ込み、エキス感が出てきてしまうので、ここはやはり常温~燗でいきたい。